唇メイクのやり方のコツ☆

 

同じ口紅でも塗り方次第でイメージが変わる!

 

 

口紅はメイクする女性であれば毎日必ず塗るアイテム。

 

その口紅、

 

同じ色を塗っても塗り方でイメージが変えられるって知っていますか?

 

 

口紅は色がたくさんありますので、

 

それを変えることでイメージを変えているという方は多いでしょう。

 

 

しかし、今ある口紅の色を十分に引き出して使えているでしょうか?

 

毎日同じ塗り方をしていると、同じイメージしか与えません。

 

 

今回はそんな口紅の塗り方を紹介します。

 

 

 

同じ口紅でも塗り方次第でイメージが変わる!唇メイクのやり方のコツ☆

This beauty is back!! 😍❤

Momo Stoddardさん(@peachylipswithmomo)がシェアした投稿 –

 

顔にしっかりとした印象を作るコツは、

 

リップブラシを使う事です。

 

 

ブラシを使うことで塗りにくい口角、

 

隅の方まで輪郭を取れます。

 

 

ブラシが唇のシワまでしっかり入ることで発色が美しくなり、

 

落ちにくさにもつながります。

 

 

また必要以上の口紅が付かないので、

 

塗り過ぎを防げます。

 

 

新しくブラシを購入の際は、

 

塗りやすく平たいコシのある物を選ぶと良いです。

 

 

素材はイタチの毛など天然毛がおすすめです。

 

良いブラシは輪郭を取りやすく使いやすいです。

 

 

 

 

カジュアル塗りのポイントは指とぼかし!

 

カジュアルな仕上がりを求めるなら、

 

道具を使わずに、

 

指で口紅をなじませましょう。

 

 

指で塗るメリットは、

 

にじんだようなムラが出来るのでカジュアルな

 

雰囲気にすることが出来ます。

 

 

塗り方のポイントは、

 

唇の内側から外側に向かい薄くなるようにぼかすことです。

 

好みの色に仕上がるまで、

 

重ねていくことが秘訣です。

 

 

唇をマットな質感に仕上げるなら、

 

アイシャドウに使うチップで塗るのがおすすめです。

 

チップは油分を吸いこみやすいので、

 

唇に乗せたらマットな質感に仕上がります。

 

 

チップの形を上手に活用して、

 

唇の輪郭を取り形よく綺麗に塗りましょう。

 

 

 

塗った後マットすぎる場合は、

 

グロスを足すなども出来ますし、

 

逆にもっとマットに仕上げたいのでしたら、

 

フェイスパウダーを重ねると良いです。

 

 

 

 

まとめ

 

今回は『唇メイクのやり方のコツ☆同じ口紅でも塗り方次第でイメージが変わる』についてお届けしました。

 

まとめます。

 

■同じ口紅でも塗り方次第でイメージが変わる!唇メイクのやり方のコツ☆

⇒ブラシを使ってしっかりした印象に!!

 

■カジュアル塗りのポイントは指とぼかし!

⇒使う道具でイメージ激変☆

 

 

口紅はメイクの部分でも顔の中央にあるので、

 

とても目立ちます。

 

 

今回紹介しました塗り方はお家にあるもので簡単に出来ますので

 

色々挑戦してみてはいかがでしょうか。